Event is FINISHED

池田晶紀 Portrait Project 2012-2018 関連トークイベント「いなせな東京トーク」

Description
池田晶紀 Portrait Project2012-2018「いなせな東京」の関連イベントでとして、「いなせな東京トーク」を開催します。

本展の写真家・池田晶紀氏と、ゲストに糸井重里氏(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)をお迎えし、本展のテーマとなった「いなせな東京」についてお話し頂きます。

糸井氏は、1980年代の西武百貨店の広告「おいしい生活。」「不思議、大好き。」をはじめとする、数々のコピーで一世を風靡、90年代以降には映画「魔女の宅急便」のコピー「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」など、スタジオジブリ作品も多く手がけるほか、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など様々な分野で活躍しています。
現在主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は、1998年より毎日更新を続けており、様々な方へのインタビューやコラムなど多彩なコンテンツを楽しめるほか、「ほぼ日手帳」をはじめとする数々の商品を企画販売、ヒットしたものは多岐にわたります。

そんな糸井氏と共に、「池田晶紀ポートレイトプロジェクト」の写真作品を読み解いてゆくトークイベント。
本展のポートレイト写真から見え隠れする東京の姿や、池田氏が撮影を通じて触れた江戸っ子達の気質。
江戸時代に生まれた言葉である「いなせ」を本展のテーマに取り入れた池田氏の思いに触れながら、現代に生きる「いなせな東京」とは何かを語り合います。

「いなせ」とは・・・いな・せ【鯔背】
(一説に、江戸日本橋魚河岸の若者が髪を「鯔背銀杏」に結っていたことから)粋で、いさみはだの若者。また、その容姿や気風。(広辞苑より)

※上8枚の写真中、右下端を除き全て©Masanori Ikeda

■出演者紹介
糸井重里(いとい しげさと)
ほぼ日刊イトイ新聞主宰。 株式会社ほぼ日代表取締役社長。
1948年群馬県生まれ。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。
1971年にコピーライターとしてデビュー。
「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などの広告で一躍有名に。
また、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、幅広いジャンルでも活躍。
1998年6月に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げてからは、同サイトでの活動に全力を傾けている。


写真/©Ikenoya Yuka(YUKAI)
池田晶紀(いけだ まさのり)
写真家
1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ『休日の写真館』の制作・発表を始める。2006年株式会社「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。アーティスト三田村光土里とのアートユニット「池田みどり」としても活動。フィンランドサウナクラブ会員、サウナスパ健康アドバイザー、シェアリングネイチャー指導員、水草レイアウター、かみふらの大使など。

Updates
  • タイトル は 池田晶紀 Portrait Project 2012-2018 関連トークイベント「いなせな東京トーク」 に変更されました。 Orig#374218 2018-09-29 10:59:50
More updates
Sun Sep 30, 2018
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区外神田6丁目11ー14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
1,552 Followers